服飾スクールでは、こんなことが学べます!

712523a7f69a2b3ceddc669c2c33620d_s

専門の学校を選ぶ理由

どの道のプロを目指す場合でも、専門の学校やスクールに通ったほうがいいでしょう。

そのほうが体系的に勉強ができ、広い知識を身につけられるからです。

その学校から就職しやすいという利点もあります。これは、服飾の分野でも同じです。

このサイトでは、どのような服飾の専門学校やスクールがあるか、またどのようなことを学んでいるのかを紹介してきます。

●基礎から入るのはどこでも同じ

どこの服飾の専門学校やスクールに入学しても、最初に習うことは同じです。

服飾関係の基礎として、デッサン、ファッションイラスト、トレンドについて、アイテムや素材の理解、そしてパターンと縫製などについて学びます。

これらは、どの服飾の分野に就職するにしても必要な知識であり体験です。

一生必要な基礎的なことを重視するのは、どこの学校でも同じなのです。

●専攻が分かれるとき

どこの学校でも、2年生になると専門に分かれることが多いです。

そこでの製作がそのままプロと同レベルになることがあります。

学校によって違いますが、ジュエリーとバッグで専門が分かれるところもあります。

また、同じアパレル業界でも、服のデザインなのか、バイヤーなのか、宣伝関係のプレスなのかで学ぶことは違います。

自分がやりたいことがはっきりしているのなら、歓迎できるといえるでしょう。

そして、服の製作には、現在ではパソコンを用いることがほとんどです。

実際に縫うのは別として、パソコン上でデザインを描くこともあります。

また、商品管理やデータはどの方面に就職しても必須のものなので、必ず勉強しておいてください。

●特殊な授業

いろいろな分野のスクールで進められているもののひとつに、産学共同プロジェクトがあります。

学習段階の在校生でも、プロと一緒に仕事をして実力をつけるというものです。

これは服飾のスクールでも進んでいるものです。

その他には、学生主催のファッションショーや有名デザイナーを招いての特別講義。

また、留学のシステムが整っているスクールもあります。

●何で学校を選ぶのか?

最初に習うことは同じでも、進学するにつれ少しずつその学校ごとの特色が授業に出てきます。

そういった違いがある中で、何を基準に学校を選ぶのがいいのでしょうか。

それは、ご自分でいくつもの優先させたい項目を考え、それに沿って選ぶのがいいと思います。

学校と家との距離、学費、授業内容、卒業生の活躍、服飾の中でも進みたい道に関わる授業があるのか、などです。

ご自分が何をしたいのかを明確にしてから、どの専門学校・スクールを選ぶべきか考えるのがいいでしょう。

服飾の専門学校で迷ったら、まずはここへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする