ファッションデザイナーの仕事

StockSnap_Y2P39NGLLO

ファッションデザイナーとは

● デザイン画から

ファッションデザイナーがまず始めに行う仕事は、デザインの考案とデザイン画の作成です。
この段階でデザインの土台が決まるので、気の抜けない作業です。
デザイン画の作成と同時に生地やワンポイントに使う素材や縫い方なども考えていきます。

● パタンナーと打ち合わせ

デザイン画が仕上がったら、パタンナーと打ち合わせをします。
パタンナーは、平面のデザイン画から立体の型紙に起こします。
デザイナーは、型紙に起こす際に、再現するのに難しい箇所やシルエット、縫い方の工夫などを話し合います。
デザイナーの仕事は、この後にもプレスの指示や完成品のチェックまでも担当します。

● オリジナルブランド

デザイナーは、アパレル企業で実績を積んだ後は、コンクールに出品したりオリジナルブランドを立ち上げたりします。
オリジナルブランドを持つことは、デザイナーの王道出世コースとなっていますが、ブランドを存続させることは非常に困難です。
たとえ、コンクールで入賞することが出来たとしても、ブランドを立ち上げることが出来たとしても、売れるかどうかは、デザイナーの運と努力次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする